審美歯科・ホワイトニング

審美歯科とは、虫歯や歯周病などの悪い歯などを治療するのではなく、歯の色を白くしたり、銀歯をセラミックなどの白い歯にすることです。

古来より「明眸皓歯(めいぼうこうし)」という表現があります。
澄んだ目と美しい歯が美人の条件というわけです。

実際に口元は非常に外見のうちで印象として残りやすい部分で、口元の虫歯や黄色い歯は印象が悪いですが美しい口元の人はそれだけで健康美を感じさせ、他の人から見たとき清潔で明るいイメージを与えます。
審美歯科

審美歯科~自然な美しさを大切に考えています

  人工的な美しさよりも自然な美しさの方が、調和のとれた美しさを生み出します。
当院では虫歯や歯周病・歯茎の治療も当然のことですが、虫歯治療後のクラウンや歯の色・歯並びなどについて患者様のご要望をしっかりとカウンセリングさせて頂き、様々な施術法(保険適用・保険適用外)や治療金額、通院回数など分かりやすくご説明させて頂きます。
 
  保険の適用される白い歯、保険適用外の白い歯、それぞれに長所・短所があります。

具体的には、自然な見た目を再現してくれているのは保険適用外の歯です。
今では金属の色が一切見えない白い歯も充分実用化されています。5年で新しい材料が出てくるといった状態です。
審美歯科
  保険適用の歯は、見た目の自然な美しさでは保険適用外の歯には及びませんが、安価であり、また丈夫であることが大きな長所です。

なお、治療の手順的には保険適用・保険適用外であっても大きく変るところはありません。

■保険適用外の価格(税別)
  オールセラミッククラウン ¥100,000~
  オールセラミッククラウンは冠全体がセラミック(陶器)で出来ています。
  ◆メリット
透明感があり殆ど変色しない・汚れが付きにくい・金属を使用しないので金属アレルギーが起こる可能性が低い
◆デメリット
割れやすい・歯を削る量が比較的多い・将来的に歯茎が下がってくると歯と歯茎の境目が見えることがある
  メタルボンドクラウン  ¥100,000~
  メタルボンドクランは中身は金属で外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けています。
◆メリット
見た目がきれい・中身が金属なので強度が強い・金属アレルギーをが起こる可能性を低くすることができる
◆デメリット
見た目がオールセラミッククラウンに劣る・将来的に歯茎が下がってくると歯と歯茎の境目が見えることがある
金属アレルギーが起こる可能性がある
  ハイブリッドセラミッククラウン  ¥50,000~
  ハイブリッドセラミッククラウンはセラミック(陶器)とプラスチックを混ぜた材料で作られたクラウン(差し歯)です。
◆メリット
見た目がきれい・金属アレルギーを起こさない・硬すぎないので噛み合うはを傷めない
◆デメリット
見た目がオールセラミッククラウンに劣る・セラミックではないため長期間の使用で徐々に変色する
  将来的に歯茎が下がってくると歯と歯茎の境目が見えることがある

ホワイトニング~ホームホワイトニング

  ホワイトニングの方法は歯科医院で行う診療室で行うホワイトニング(オフィスホワイトニング)とご家庭で行うホワイトニング(ホームホワイトニング)があります。
当院ではオフィスホワイトニングに比べて、仕上がりが綺麗で後戻りがしにくいホームホワイトニングを行っています。
  ホームホワイトニングはご自宅で患者様ご自身が患者様専用のマウスピース内に薬剤を注入し一日に3時間程度装着して頂きます。

  ◆期間:約2~3週間
  ◆費用:30,000円(上下、税別)
ホワイトニング

  PMTC(歯のクリーニング)
  虫歯や歯周病の予防には歯と歯肉の間を歯ブラシで磨くことが一番手軽な方法ですが、最近、歯周病や虫歯の予防対策として「PMTC」(Professional Mechanical Tooth Cleaning)が注目されてきました。

磨き残しの場所やプラークの溜まりやすい場所は患者様によりまちまちですですが、当院では毎日の歯磨きで磨きしたり取り切れない歯周ポケットなどの汚れを専用の器具を使用して綺麗にクリーニングいたします。

当院のPMTCは保険適用範囲内で行っています。


PMTC歯のクリーニング

 
 ◇町の歯医者さん~院長より一言◇
 大学で歯の色調に関して研究しており、日本審美歯科学会では論文を寄稿した経験もあります。
 多くの方々の歯の審美にお役に立てると思っています。
   ※臼歯の色調に関する研究:上下顎小臼歯の明度について  歯科審美、2000-03-01
 



このページの先頭に戻る