一般歯科

一般歯科とは小児歯科や矯正歯科・口腔外科といった特殊な歯の治療以外の虫歯治療、歯周病の予防などで、治療の多くが健康保険の範囲内で行われる治療が多いことから保険診療=一般歯科とも言われています。
ただし、健康保険の制度上の制約で同じ治療法でも治療に使用する材料の違いによって健康保険が適用されない場合もあります。
一般歯科

歯の治療は大きく3つに分けられます

保存
  歯をできるだけ残そうとすること。
   ・部分的な虫歯の治療=修復処置
   ・歯の根の巾の神経の治療=歯肉治療
   ・歯の周りの組織と歯そのものの保存を図る=歯周治療
保存

外科
  残せない歯を抜く、もしくは外傷や腫瘍の治療  

補綴
  歯を失った場所に入れ歯を入れる。
または、大きな部分を失った歯に被せ物を入れる。
見た目の向上のために白くて美しい被せを入れる。
補綴

  ■総合的な治療計画  
    当院では出来るだけ、早い期間で効率よく治療が進められるよう総合的な治療計画を立て、基本
  的にその治療計画に基づいて歯科治療を進めますが、患者様に治療計画をご理解いただけるよう
  丁寧な説明をさせて頂いております。
 
     

     

このページの先頭に戻る